西陣織(つづれ織)着物帯や額、懐紙入れなどの商品や西陣織の特徴などをご紹介して西陣織の魅力を京都の女性伝統工芸士小玉紫泉がお伝えいたします
  • 素材としてのつづれ織
  • 受賞作品一覧
  • 小玉紫泉つづれ織工房オンラインストア

平成 8 年、小玉紫泉(こだま しせん)が西陣織 爪掻本つづれ(つめかきほんつづれ)の伝統工芸士として認定されて以来、「小玉紫泉つづれ織工房」として、着物帯を中心に数々の作品を制作し、多くの方より評価をいただいて参りました。
世界中の皆様に京都は西陣織の伝統工芸、爪掻本つづれ織りの魅力を知っていただきたく、また、従来からの着物帯だけでなく新たな商品の開発に向け皆様からのご意見、ご指導を賜りたく当ホームページを開設いたしました。
西陣織の歴史は長くとも、時代のニーズに合わせて改良する努力を怠れば、西陣織の発展を望むことはできません。つづれ織の利用用途は従来通りのきもの帯だけでないはずです。当工房では、帯以外の商品として、額や懐紙入れ、金封入れを製作しております。また、ビジネスシーンでもご利用いただけるよう名刺入れもご用意しております。
その他、女性伝統工芸士として講演などにもさせていただいたり、全国の女性伝統工芸士と協力して個展開催などの活動を行っています。
今後もつづれ織を使った新たな商品開発を目指し、西陣つづれ織の可能性を広げていくことを目標とし、まずは皆様に京都の伝統工芸 西陣織 爪掻本つづれ織りの着物帯について多くの方に知っていただきたいと思っております。

Copyright © 小玉紫泉つづれ織工房 All Rights Reserved.