ご注文の「本つづれなごや帯」製織中!!

黒地の「観覧車」帯の色違いのご注文いただきました。

籠の部分を織りながら編み込んでいかなければならないので 「表織り」にしました。

~~表織り=各色始まりの糸を入れるのに入れやすいように、また上(つまり織手が見る方)が裏だと汚れが付きにくいこともあり、一般的には上を裏にして織ります~~

西陣の本つづれなごや帯は、無地の部分では横糸は1㎝で5回つまり20㎝で1,000回織りますが、柄織りに至っては色ごとにその回数を織らなければいけないため、日に1~2㎝しか織り進めないこともしばしば。

コツコツコツコツ山登りのような根気の要する、しかも難しい作業です。それを乗り越え、美しく楽しい作品が出来上がります。

cimg9082w  cimg9085w