西陣織(つづれ織)着物帯や額、懐紙入れなどの商品や西陣織の特徴などをご紹介して西陣織の魅力を京都の女性伝統工芸士小玉紫泉がお伝えいたします
工房Blog
  • HOME »
  • 工房Blog »
  • つづれ織作品制作

つづれ織作品制作

金封ふくさ慶弔セット

8月22日 つづれ織の高級金封ふくさ「梅・蓮慶弔セット」完成いたしました。爪織のため時間がかかりますが、ひとつひとつ丁寧に製織いたしました逸品です。

綴れ織りの懐紙入れ完成

7月1日 綴れ織りの懐紙入れ完成!! 幅20センチの大判ですが、金封ふくさ兼用できます。つづれ織の懐紙入れはほぼ一生使用できるほど丈夫です。中には楊枝が端から出ないように専用ポケットを設けています。案内状を入れるポケット …

糸を染めました

6月初め自宅前の史跡「御土居」(おどい)には御土居を崩したあと出土したお地蔵様のすぐ上にはつつじの花が満開でした。工房紹介をご覧頂くとわかるのですが、その上方に生えている葉は「蕨=わらび」です。この写真を撮ったすぐ後で伐 …

Page 2 / 212
Copyright © 小玉紫泉つづれ織工房 All Rights Reserved.