西陣織(つづれ織)着物帯や額、懐紙入れなどの商品や西陣織の特徴などをご紹介して西陣織の魅力を京都の女性伝統工芸士小玉紫泉がお伝えいたします

額作品

ツバル国 首都フナフチ環礁(かんしょう)

ツバル国 首都フナフチ環礁(かんしょう)ツバルは地球温暖化により、一番早くに水没する国と言われています。
島の平均標高が1.5m、最高地でも4mしかありません。毎日満潮時には冠水する箇所が多いのですが、それでも約1700世帯もの人々が暮らしています。
地球温暖化に対して非力な私に今できることは、製織した織額を通じて警鐘をならすことしか無いと考え、この額を織りました。
織に関しては、サンゴ礁の色合いと 周りの大洋の色の変化にこだわっったため、海の色はこの数倍もの種類に染め分け、時間もかけて色を選びました。

氷床から流れ落ちる滝

氷床から流れ落ちる滝ノルウェーの北1000キロ。バレンツ海とグリーランド海の間に浮かぶスバールバル諸島の北東島に諸島最大の氷床があります。夏、この氷床から流れ落ちる滝が川となり、海に流れ出ていたそうです。例年なら海氷に覆われて近くにたどり着けない場所なので、この景色はなかなか見られないようです。これも地球温暖化のひとつの現われです。
織るに際して難しかった点は、氷河の雄大さと荒々しい氷の表現法と色の使い方でした。何とか自分としては好きな色合いになったと自負しています。

上海皆既日食

上海皆既日食平成21年7月22日、皆既日食を見るために上海に行きました。ところが、ご存知のように 日食が始まってからどしゃぶりの雨が降り出し 上海のテレビで 日本のダイヤモンドリングを見るはめになりました。周りの風景はこの通りですが、上空ではきっとこんな風だったろうと想像してこの織額を織りました。
夜景なら、カラフルのネオンサインが有名ですが、この時間は午前11時半頃なので明かりがついていない珍しい風景です。この暗さは、約5分間でした。
皆既日食を見ることができるのは、太陽惑星の中では地球だけだそうです。月と太陽の絶妙な大きさと地球からのそれぞれの距離の成せる奇跡です。地球はまさに奇跡の星なのです。      

ジャンボ・キリマンジャロ

ジャンボ・キリマンジャロJambo(スワヒリ語で「こんにちは」)
Kilima(スワヒリ語で「山」)  njaro(チャガ語で「白さ)。
キリマンジャロ山は、タンザニア北東部にある標高5895メートルのアフリカ最高峰です。赤道付近にもかかわらず、20世紀後期まで巨大な氷河が存在していました。
数年前 渥美さんご夫妻が平成18年頃に登頂された時の氷河は、地球温暖化の影響で すでにこんなに少なくなっていました。
 数年前のNHKの番組によれば、毎日2兆個の隕石が地球に降り注いでいるそうです。
オゾン層破壊が進んでいる現在、地球は脅威にさらされています。
地球を守ること、すなわち地球上の全生物を守ることは 自分や家族を守ることに通鶴りません。

お気軽にお問合せください TEL 075-465-5484 受付時間 9:00~18:00(土・日・祝日除く)

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 小玉紫泉つづれ織工房 All Rights Reserved.